美白化粧品やサプリで美白ケアをしているなら、ぜひ知っておいて欲しい事があります。

それは生活紫外線というものなのですが、よく知らないという方はこれを機会に知っておいてくださいね。

 

生活紫外線とは。油断できない美白ケア

晴天の洗濯物

生活紫外線とは、日々の日常生活を通して少しずつ浴びている紫外線のことを言います。

 

今や紫外線は天気が悪い日でも、季節に関係なく毎日降り注いでいることは常識になりました。

紫外線はガラスを通過することも分かり、車にはUVカット仕様のガラスがはめられ、カーテンなどの布製品もUVカット仕様であることも珍しくありませんよね。

あらゆる手段で紫外線を浴びないように工夫出来る様になりましたが、普段の生活の中で油断してしまっている時はないですか?

  • ゴミ出し
  • 洗濯ものを干す、取り込む
  • コンビニへの買い物
  • 立ち話

などなど、わざわざ日焼け止めを塗るほどでもないやと思ってしまうちょっとした瞬間や、お隣さんが急に訪ねてきてすっぴんのまま立ち話などのイレギュラーな状況が日常生活の中にはたくさんあります。

こうした時にちょっと浴びる紫外線ですが、かなりバカにできないんです。

どれくらい危険なのかというと、晴れている日に毎日2時間ほど1週間紫外線を浴びた時と、真夏の海水浴1時間で浴びる量が同じくらいというデータがあるくらいです。

ゾッとしませんでしたか?^^;

まさに「塵も積もれば山となる」で、ちょこっとだけだから大丈夫という油断が積み重なって大きな紫外線ダメージになってしまうんですね・・・。

 

朝のスキンケアのあとや、お化粧直しのタイミングなどで、
日焼け止めやファンデーションで紫外線対策を習慣づけてしまえば苦にならないと思いますので、美白ケアをするならば化粧品やサプリ以外にも、こういった僅かな生活紫外線にも気を配ると美白ケアがより効率的になりますね*

 

ちなみに私は、メラニン抑制に心強い化粧品はコレ!使ったことある?でも書きましたが、日焼け止めを塗らずにすっぴんでいたい時が多いので、
紫外線カットはできませんが、メラニンを抑制する効果のあるビタミンCを12時間お肌に浸透させることができる化粧品をかなり重宝しています*

口コミは【口コミ】ビタブリッドCフェイスブライトニングを1カ月使ってみた結果は?が参考になります。

 

生活紫外線を浴びてしまった自覚がある日は、いつもよりスペシャルな美白ケアをするなどしてきちんとお肌のケアをすることも忘れないようにしましょう♪