普段は何ともないのに春になると肌荒れを起こす方がいます。

実は春は残暑厳しい9月と同じくらいの紫外線量なので、UVケアを怠っていると肌荒れしやすくなる季節です。

その他にも春にストレスを感じやすい方も多く、ストレスが原因で肌荒れしていることもありますが、ここでは春の紫外線に焦点を当てて書いていきたいと思います。

 

春の肌荒れは紫外線が原因?紫外線対策はどうしたらいい?

紫外線が肌に与える悪影響とは

桜

春の紫外線量については「春の紫外線量は?強さは?地域差もあるので要注意!」の記事で書きました。

 

では、紫外線が肌にどんな影響を与えるのかというと、

  • メラニン色素を生成し、シミや日焼けの原因になる
  • コラーゲンやエラスチンを破壊し、シワやたるみなど肌を老化させる
  • 肌の角質が厚くなり、ターンオーバーが乱れる。肌のバリア機能が低下する

といった全く嬉しくないことが起こります。

 

ターンオーバーの乱れや、お肌のバリア機能の低下によってお肌が刺激に弱くなるため、ますます紫外線に弱くなるということもありますし、花粉に刺激を受けてしまったりと、外部刺激にとても弱くなります。

そのため肌荒れを起こしてしまうのです。

 

こちらの記事でも書いている通り、春の紫外線量は残暑厳しい9月と同じくらいです。

ですから夏本番になってから紫外線対策を始めても遅く、3月辺りからしっかりと早めのUVケアをすることが春の肌荒れ予防に繋がります。

 

今は日焼け対策といっても色々あります。

例えば、

などです。

あとは、パウダーファンデーションも紫外線対策になります。
とくにUV効果をうたっていなくても、パウダーファンデーションの紛体は紫外線散乱剤と似たようなものなので紫外線を跳ね返す力を持っています。

 

老化は自然の摂理で、ある程度は仕方ないにしても、全く紫外線対策をしていないと年齢の割に老化が深刻になってしまったり、酷いシミやニキビに悩まされたりすることになってしまいます。

そうなるとお洒落も思い切り楽しめず様々な視点で見た目年齢にも影響してきますし、何より人の視線が刺さるストレスに晒されることが一番辛いです。

 

昔は塗る日焼け止めが主流でしたが、科学の進歩と共にだいぶ色んな方法でメラニン対策ができるようになっています。

自分に合った方法で対策できるので、続けやすい方法を見つけて、今から春の肌荒れを予防しましょう。