ナイアシンアミドという様々な肌悩みに働きかけてくれる注目の美容成分があります。

もちろん、美白ケアにもいいです^^

そんなナイアシンアミドとはどんな成分なのかについて書いていきたいと思います。

 

ナイアシンアミドとは

ナイアシンアミドの基本情報

サプリメント

そもそもナイアシンアミドとはどんな成分なのかというと、

  • 別名ニコチン酸アミド
  • ビタミンB3に属する成分
  • 昔は米ぬかや牛の肝臓などの天然成分から抽出されていたが、最近はβ-シアノピリジンから抽出されている
  • 水溶性の成分

というもので、人間の体内でも作られる成分です。
補酵素の1つで、体のエネルギー源になります。

補酵素とは単体で働くことができない酵素をサポートする成分のことをいいます。酵素と補酵素が組み合わさってようやく代謝や消化といった働きをすることが可能になります。

ナイアシンアミドの肌への効果は?

首を傾げる女性

ナイアシンアミドは肌に下記ような美容効果が期待出来ます。

 

  • メラニン色素が表皮細胞に受け渡されるのを制御し、メラニン色素の過剰な表面化を抑える
    • 2007年に美白成分として厚生労働省から認可されています
  • セラミドの合成をサポート
    • セラミドはお肌に存在する保湿成分のことです。細胞と細胞の間を埋めていて、外部からの刺激から守ったり、水分を蓄えてお肌を保湿する働きをしています。
      ナイアシンアミドはセラミドそのものの合成をサポートするため、お肌のセラミドを整え、乾燥しづらいお肌づくりを助けてくれます。
  • コラーゲンとの親和性が高く、お肌のハリや弾力を高める
  • 血行を促進する
    • お肌のバリア機能を整えるため、外部刺激に強くなります。またターンオーバーを正常に整えます。
  • お肌の乾燥を防ぐ
    • ニキビ予防や肌荒れ予防などあらゆる予防に繋がる。

 

まとめると下記の様なケアが可能ということです。

 

  1. 美白ケア
  2. エイジングケア
  3. ニキビケア
  4. 保湿ケア
  5. 美肌ケア

 

ナイアシンアミドはお肌の状態を健やかに保つための土台ともいえる部分に働きかけるため、あらゆる肌悩みにいい成分といえます。

また、ナイアシンアミドが優れている点は、肌に優しく、ビタミンCのように乾燥や刺激を感じにくいことです。そのため、ビタミンCが肌に合わない方の代替成分としてもおすすめです。

ビタミンCが肌に合うのであれば、ナイアシンアミドとビタミンCを併用するとより高い美容効果を求めることができます。
例えば、ビタブリッドCフェイスブライトニングなんかがそうです。気になった方は口コミをチェックしてみてください。

【口コミ】ビタブリッドCフェイスブライトニングを1カ月使ってみた結果は?