美白成分にはたくさんありますが、中でも優秀なのがハイドロキノンです。
肌の漂白剤なんて言われていて、その強力さが想像できますね。

今日はハイドロキノンという成分について書きたいと思います。

 

 

ハイドロキノンという美白成分

ハイドロキノンの基礎知識

美白イメージ

  • 写真の現像、ゴムの酸化防止剤として使用されてきた歴史がある
  • 天然に存在する成分(コーヒーにも含まれる)
  • 日本では2001年から化粧品に使用できるようになった(アメリカではポピュラーな美容成分)
  • 厚生労働省で許可されている濃度は2%。それ以上は病院
  • 酸化を抑える作用がある(還元作用)

 

ハイドロキノンは写真の現像をしている人の手が白くなったことで発見されました。
職人さんが日常的に触れている物で実は美容効果があったと発見されることって意外とあるんですね。

日本では2001年から化粧品に使われ始めましたが、美白成分といえば世界ではハイドロキノンだそうです。
うーん、日本は慎重なのか、最新のものを取り入れるのが世界に比べて遅いですよね。。。

ハイドロキノンの特徴

ハイドロキノンの特徴は、2つの働きをすることにあります。

 

  1. シミの原因のメラニン生成を抑える働き
  2. メラニン色素を作るメラノサイトに働きかける

 

ハイドロキノンが美白成分として優秀なのは、1の「予防」だけでなく、2の「できてしまったシミに働きかける」ことができるからです。

美白したいと思う時は、予防したいというよりも今あるシミを消したいと思う時の方が圧倒的に多いでしょうから、2だけでもハイドロキノンの需要はすごくあることが分かります。

ハイドロキノンのデメリット

  • 強い成分なので炎症やかゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性がある(要パッチテスト)
  • ハイドロキノン使用中は使用前より紫外線に弱くなる
    • メラニン色素の生成が抑えられるということは、紫外線にも弱くなるということ。日焼け止め必須。
  • 酸化しやすい
    • 化粧品を使う場合は使用期限を必ず守る

 

ハイドロキノンは強い成分なので、安心して使うためにも化粧品は信頼できる所の物を使うか、病院で処方して貰うのがいいです。

化粧品の場合はまずはトライアルセットを購入してお試しをすることが重要ですね。

 

この辺りは有名で実績もあり、トライアルもあります。

 

 

以上、ハイドロキノンについてでした^^