グロースファクター(成長因子)とは

グロースファクター(Growth factor/GF)とは、成長因子と呼ばれる細胞の成長を促す物質です。

グロースファクターには体の細胞の種類ごとに働きが異なります。
その中に、お肌の美容に関係するグロースファクターが存在します。

また、グロースファクターは最近の研究で加齢と共に減少していくことが分かっており、
歳をとってお肌の衰えを感じるのは、グロースファクターが減少しているためなのです。

お肌の美容に関係するグロースファクター(成長因子)

成長因子にはたくさんの種類があるため、ここでは代表的な2つについて説明します。

1.上皮成長因子(EGF)

お肌の表面(上皮)の細胞の成長、機能を整える働きをします。

お肌の新陳代謝(ターンオーバー)がしっかり機能するようにお肌の表面の細胞を活性化して整えるため、シミやくすみ、たるみ、乾燥、ニキビ跡などの肌トラブルを改善します。

過剰に摂取した場合、体内で処理できなかった分は体外に排出されてしまうため、化粧品に配合されている量は多ければ多い程いいということはありません。

また、FGFとの相乗効果があることが分かっています。

2.線維芽細胞成長因子(FGF)

23種類あり、それぞれ働きが異なるため目的によって配合されるFGFが変わりますが、どれも皮膚を健康に保つために必要な遺伝子です。

 

その中で、FGF-1(正式名称はヒトオリゴペプチド-13)という肌表面(表皮)の奥、真皮のなかにある成分が化粧品に多く使われています。

FGFは、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成し、若々しいハリのあるお肌を作る働きをしています。

新陳代謝、活性化作用により傷をなおすだけでなくシワや美白にも働きかけます。

また、EGFとの相乗効果があることが分かっています。

グロースファクター(成長因子)の美容効果

グロースファクターは簡単に言うと、人が本来持っているお肌の再生能力を高めてくれる成分です。

そのため、下記のような美容効果が期待出来ます。

 

  • シミ、くすみ、そばかすを改善
  • ニキビ、ニキビ跡、吹き出物を改善
  • しわ、たるみを改善

 

これは、グロースファクターがお肌の3層「表皮」「真皮」「皮下組織」に働きかけ、細胞を活性化させ正しく機能させる働きをするためです。

つまり、お肌の新陳代謝が活発になり、ターンオーバーによって古い肌細胞と新しい肌細胞が入れ替わることで、肌トラブルが改善するということです。

 

グロースファクターを使った化粧品は少しずつ世の中に出てきています。

その中でもドクターリセラ透輝の滴(とうきのしずく)は8種類のグロースファクターが配合されており、医学会も認定した美容液です。