頬に手を当てた笑顔の女性

くすみとシミが気になっていたお肌が、いつの間にか気にならなくなっていて、ファンデーションは薄付きでも大丈夫になっちゃいました。

 

・・・なんて言ってみたいですよね!

 

そのためには「予防」の美白化粧品ではなく「今あるシミを薄くする」ための美白化粧品を使う必要があります。

今まで美白化粧品を使って来たけど、シミが薄くなっていないのなら、残念ながらそれは「予防」しかできていないんですね。

 

シミを薄くするにはハイドロキノンという、メラニンの生成も抑えられて、かつ、今あるメラニンにもアプローチできる成分が配合された化粧品が必要です。

ただ、このハイドロキノンには以下のデメリットがあります。

 

  • お肌に浸透しにくい
  • 刺激が強い
  • 安定しづらい

 

「え、じゃあ結局ハイドロキノン入りの化粧品を使っても意味がないの?」

かというと、そんなことはありません。

 

ちゃんとこの3つのデメリットを独自のテクノロジーで解決した化粧品があります。

それが、ビーグレンのホワイトケアシリーズです。

 

 

ビーグレンのホワイトケアセットの口コミ

ビーグレンのホワイトケアセットはシミを薄くできるの?

鏡を見る女性

前述した通り、ハイドロキノンは3つのデメリットを持っています。

これは、ビーグレン独自のテクノロジーによってハイドロキノンを包み込むことで解決しています。

 

  • お肌に浸透する
  • 成分が安定する
  • 成分の持続力が上がる
  • お肌に優しい

 

きちんとハイドロキノンをお肌に届けることさえできれば、あとはハイドロキノンがしっかりシミに働きかけてくれるのです。

 

ところでハイドロキノンはどんな成分か簡単に説明しますと、

  1. シミの原因になるメラニンを生成する働きを抑える
  2. シミの色になっている色素細胞(メラノサイト)へ働きかけて減少させる

この2つの働きをする成分です。

1の働きだけだと予防にしかならないのですが、2の働きがあることで今できているシミへも対処できるという点が大きな特徴です。

ビーグレンのホワイトケアトライアルセットのお試し

ビーグレンホワイトケアトライアルセット

実際にビーグレンのホワイトケアを試してみました。

ビーグレンホワイトケアトライアルセットの内容物

ホワイトケアのトライアルセットです。

内容は以下の5点で、7日分。

  1. クレイウォッシュ
  2. QuSomeローション
  3. Cセラム
  4. QuSomeホワイトクリーム1.9
  5. QuSomeモイスチャーリッチクリーム

 

では、実際に使っていきたいと思います^^

 

 

ビーグレンクレイウォッシュ

ビーグレンクレイウォッシュ

まずはクレイウォッシュ。洗顔フォームです。

 

天然のクレイ「モンモリロナイト」を使っており、汚れ、古い角質、くすみの原因になる酸化した皮脂もしっかり落とすことができます。

 

ビーグレンクレイウォッシュ

泡立てないタイプの洗顔フォームなので、そのまま使うのですが、泡がなくてもしっかり落とせますね。
泡洗顔に慣れていると戸惑うかもしれませんが、みずみずしくて伸びが良いので洗顔しやすいです。

肌に必要なうるおいや皮脂は残して、汚れだけ落としてくれるのですが、使ってみて納得しました。
洗ったあともお肌が乾く感じがなく、でも汚れは落ちてすっきりしました。

 

 

ビーグレンキューソームローション

ステップ2は化粧水。

2016年秋にリニューアルされ、一層パワーアップしています。

 

QuSomeローションは角層を整え、お肌に理想的な水分量を17時間キープし、うるおいのあるお肌へアシストしてくれます。

お肌がうるおっていると、このあとに使う美容液の浸透が良くなり、ターンオーバーのサイクルも整うので、シミの原因となるメラニンを排出しやすくなります。
化粧水もとっても大事ですね。

 

キューソームローションを使った手

少しとろみを感じる液体ですが、すうっとお肌に馴染んでしっとり。

コットンではなく手で付けることで、化粧水がお肌に浸透するのがより実感できるんじゃないでしょうか。

しっとりしますがベタつきもなく、混合肌の私は1回で十分でした。
自分の肌質に合わせて使うといいですね。

 

洗顔と化粧水だけてお肌がワントーン明るくなった感じがします。

 

 

ビーグレンCセラム

ステップ3はCセラム。

ピュアビタミンCが高濃度(7.5%)に配合された美容液です。

ビタミンCはあらゆる肌悩みに良い成分ですから、くすみ・シミの悩みにも向いています。

 

Cセラムのいいところは、ビタミンC配合ということだけでなく、
ピーリング作用があるので古い角質とメラニンの排出を促してくれるところです。

 

Cセラムを手につけた様子

化粧水よりとろみがあり、お肌に付けるとじんわりと馴染んでいきます。

少し温感を感じるところが変わっています。
ちょっと気持ちいいんですよ。

 

化粧水との相乗効果もあるのか、馴染みが本当に良いです^^

 

 

ビーグレンキューソームホワイトクリーム1.9

ステップ4に行きます。
QuSomeホワイトクリーム1.9

いよいよハイドロキノンの登場です!待ってました!!

気になるシミの部分だけに使うのではなく、顔全体に使います。

 

ホワイトクリームは紫外線を受けてしまったお肌のトラブルの元のケアと、メラニン生成をブロックすることで悩みの解消と予防の働きを担い、美白ケアにおいて主役になってくれます。

今まで消えてくれなかったシミもこれなら期待できますよね。

 

ホワイトクリームの中身

ホワイトクリームを手に伸ばしたところ

クリームですが、こってり感はなく軽い感触で、するすると肌に伸びていきます。

QuSome化されているので、お肌の表面だけを保護するようなクリームと違って、肌に馴染むのが感じられます。

なかなか馴染まないという場合は、しっかり手の平で優しくパッティングするといいです。
一つ一つ丁寧に使っていくことが大事だと思います。

注意点としては、ハイドロキノンが配合されているので、夜のみの使用です。

 

 

ビーグレンキューソームモイスチャーリッチクリーム

最後のステップはQuSomeモイスチャーリッチクリームです。

長時間うるおいに満ちたお肌でいるために、最後にしっかり保湿をすることが大事です。

 

このクリームの魅力的なところは、お肌のくすみやシミが気になりだす年齢には嬉しい、エイジングケアもできること^^

ビーグレン独自のQuSomeエイジリカバーコンプレックスが高保湿とハリと弾力のあるお肌へ導いてくれます。

 

キューソームモイスチャーリッチクリームの中身

キューソームモイスチャーリッチクリームを手に塗った様子

リッチな感触のクリームです。

全てのアイテムを手に使って紹介してきましたが、手に使うのが勿体ないくらいしっとりしたお肌に仕上がりました。

しっとりした肌はすべすべして気持ちいいですし、肌色もワントーン明るくなって、まるで血行が良くなったかのようです。

ここまでのケアで肌のくすみが解消されたようですね。

ビーグレンのホワイトケアの悪かった点

  • 化粧品の一部に香りがついている

 

無臭が好きな方には立派なデメリットになっちゃいますね^^;

でも使っている時に「あ、匂いするなぁ」と思う程度なので、”我慢”というレベルではなかったです。

ビーグレンのホワイトケアの良かった点

  • 肌のくすみ解消は早く実感できた
  • どのアイテムも浸透率が良く、気持ちよく使えた
  • しっかり保湿できていると感じられた
  • お肌に刺激がなかった

 

シミの解消までは時間がかかるので、7日分のトライアルセットでは分かりませんでした。
ですが、くすみ解消はすぐ実感することができました。

使用感がすごくいいですし、お肌への刺激もなかったのでテクノロジーの力とハイドロキノンの力でこれからもケアを続けていきたいと思える製品でした。

ビーグレンのホワイトケアの公式サイト

ビーグレンホワイトケアトライアルセット

公式サイト→頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen

できてしまったシミはある程度時間をかけてケアしていく必要がありますが、使い続けると確実にお肌の調子が変わるのが感じられます。

 

365日返金保証つきで、7日分のトライアルを数千円でお試しできるので、今までどんな美白コスメを使ってきてもダメだったという方こそ諦めないで試してみて欲しいなと思います。

 

公式サイト→頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen